ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる (文春新書)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:186頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で13706位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
なぜモーツァルトは就活で苦しんだ? ベートーヴェンが「市民」をつくった? ワーグナー「勝利の方程式」とは?

19世紀に質量ともにピークに達したクラシック音楽は、大都市の市民階級という新しい消費者に向けられた最新の文化商品でもあった。誰が注文し、いかにして作られ、どのように演奏され、どこで消費されたか。クラシック音楽を知れば世界史がわかる! といっても過言ではない。最高の音楽とともに、歴史の流れを明快に解き明かす画期的音楽史。

【目次】

序章 クラシックを知れば世界史がわかる

第一章 グレゴリオ聖歌と「神の秩序」

第二章 宗教改革が音楽を変えた

第三章 大都市と巨匠たち

第四章 ベートーヴェンの時代

第五章 ロマン派と新時代の市民

第六章 “怪物”ワーグナーとナショナリズム

第七章 二十世紀音楽と壊れた世界

おわりに
Amazonレビュー
amazon検索