日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS)

価格: (税込)
扶桑社
ページ:274頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で40010位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
各種データや世界の事例をもとに、「幸せな日本の創り方」を提言。明るい未来イメージへの具体策!

この本には、「幸せな日本の創り方」が、はっきり、くっきり記されています。
皆さん、「日本の未来は、お先真っ暗だ!」とか思っていませんか?
そう考える理由があるのですね。最大のものは、「少子化問題」でしょう。日本の人口は、2050年には9708万人、2100年には4959万人まで減るというのです。(「国立社会保障・人口問題研究所」の予測)

それで、遠くない将来、全国896の地方自治体が消滅する可能性がある。恐ろしいことです。その他にも、いろいろいろいろ問題があります。
・年々増えつづける児童虐待・深刻ないじめ問題・過労死問題・無差別殺人事件・親の子殺し、子の親殺し・日本を代表する大企業の不正の数々・農村の高齢化、過疎化 などなど。

存在する問題を列挙すれば、一冊本ができあがってしまいそうです。こう考えると、「日本の未来はお先真っ暗だな」と信じてしまっても、仕方ありません。
しかし、そんな絶望は、この本を読むまでです。というのも、日本の諸問題には、「解決方法」があるからです。
Amazonレビュー
amazon検索