独裁の中国現代史 毛沢東から習近平まで (文春新書)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:174頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で21359位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
繰り返される粛清、密告、民族弾圧。世界最大の独裁国家はいかに築かれたか? 
2019年は中華人民共和国の建国70周年。日中戦争、朝鮮戦争、文化大革命、改革開放、天安門事件、そして習近平体制まで、世界第二位の経済大国となりながら、いまだ一党独裁体制、少数民族弾圧、都市と農村の格差といった矛盾を抱える大国の病巣を、毛沢東以来の歴史に探る。中国システムの抱える致命的な欠点とは?

【目次】
序章 中国共産党という組織 ──徹底監視のシステム
第1章 国民党と共産党 コミンテルが生んだ双生児
第2章 毛沢東の“国盗り”戦術 ──抗日神話のウソ
第3章 中華人民共和国の誕生 ──スターリンとの確執
第4章 大躍進 史上最大の災厄
第5章 世界史から見た文化大革命 ──粛清と民族破壊
第6章 新たな独裁者トウ小平 ──「先富論」のトリック
第7章 習近平 引き継がれる独裁の系譜
Amazonレビュー
amazon検索