死刑囚最後の日 (光文社古典新訳文庫)

翻訳 小倉 孝誠
価格: (税込)
光文社
ページ:219頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で229438位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「死刑囚! いつもひとりでこの想念に耐え、それが消えないせいでいつも凍え、その重みにいつも打ちひしがれている!」刻々と迫るギロチン刑の時。独房での日々から断頭台に上がる直前まで、主人公は自らの胸の内を赤裸々に告白する。死刑制度廃止を訴え、若い情熱で書きあげたユゴー27歳の作品。主題の重み、技法の革新性、社会的影響の点で刮目すべき作品であり、ユゴーの代表作のひとつと見なされる画期的小説。
Amazonレビュー
amazon検索