柳田国男論・丸山真男論 (ちくま学芸文庫)

価格: (税込)
筑摩書房
ページ:277頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で139632位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
体液のように流れる柳田の文体と方法にかたちをあたえ、彼のえがいた稲の人としての「日本人」の鮮明な画像と、そこに見えかくれする「山人」や「アイヌ」の影に徹底した考察を加える「柳田国男論」。丸山の戦争体験の批判を入口に、『日本政治思想史研究』における徂徠学の評価の分析を軸にすえ、丸山政治学が幻想の「西欧」という虚構の立場を設定して初めて切り拓いた地平を検証する「丸山真男論」。近現代の代表的な思想家を俎上にのせ、雄勁なスケールでその核心を論じる。
Amazonレビュー
amazon検索