遅読術 (ベスト新書)

価格: (税込)
ベストセラーズ
ページ:172頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で135809位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「速読はバカの早食いと同じ! 」

ロクでもない情報を遮断し
人類の「知の遺産」を味わい尽くせ!

ショウペンハウエル、ヴィーコ、三島由紀夫、
ヤスパース、三木清、ニーチェ、
大江健三郎、ヘッセ、小林秀雄、ゲーテ……。

彼らはどのように本を読んだのか! 「速読はバカの早食いのようなものである。
単に腹を満たすのが目的ならマクドナルドのハンバーガーでいい。
一流のレストランに大金を払って「栄養」を求めるバカはいない。
そのレストランが提供する技術に、魂が突き動かされていく。
その過程・時間にこそ、意味がある。
古典を読むのは、過去に存在した偉大なレストランで食事をするようなものだ。
これ以上の贅沢はない。
では具体的になにを読めばいいのか?
過去を振り返れば、すでに道は示されている。
本書では先人の知恵に学びながら、再びそれを示していく。
大事なことは、真っ当な世界に連なる意志をもつことだ。」(「まえがき」より)

「人間として生き延びるには、
自己啓発本とはまったく別の意味における「スキル」が必要になる。
それは、自分を救えるのは自分ではないと気づくことだ。
自分の力などたかがしれていると思い知ることだ。
偉大なもの、崇高なものは、それを教えてくれる。
本書では人類が到達した場所と、
そこに至る「思考回路」を振り返らないと未来はないという事実を示した。
くだらないものと距離を置き、価値あるものに触れ続けなければ、
家畜として死ぬだけだ。」(「あとがき」より)


<著者プロフィール>
適菜 収(てきな・おさむ)
1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。
ニーチェの代表作『アンチ・クリスト』を現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、
『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、
『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、
『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』、
呉智英との共著『愚民文明の暴走』(以上、講談社)、
『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、
『平成を愚民の時代にした30人のバカ』(宝島社)、『死ぬ前に後悔しない読書術』、
『安倍でもわかる政治思想入門』、『安倍でもわかる保守思想入門』、
『安倍政権とは何だったのか』、『おい、小池! 女ファシストの正体』、
『問題は右でも左でもなく下である』(以上、KKベストセラーズ)、
近著に『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?』(講談社+α新書)など著書多数。
Amazonレビュー
amazon検索