最高のリーダーは2分で決める

価格: (税込)
SBクリエイティブ
ページ:168頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で8946位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
孫社長に認められた著者の高速マネジメント

ソフトバンクでプレイングマネジャーとして数多くのプロジェクトを成功させ、
現在、ソフトバンクの社内研修の講師も務める前田鎌利氏によると、
チームの生産性は、リーダーの意思決定のスピードがカギだという。
そこで本書では、プレイングマネジャーを対象に
意思決定のスピードを上げて、超スピードで成果を出し続ける方法を解説する。

●目次
はじめに チームの成果はリーダーの「決める力」が9割
第1章 新しい時代のリーダー「決める力」4つのルール
 チームの成果は「決める」スピードに比例する
 ルール1 70%の精度で意思決定をする
 失敗は「引きずらない」と決める
 ルール2 「外脳」を使う
 「自分の弱み」をオープンにする
第2章 リーダーは2分で決めろ!
 2分で意思決定できる「しくみ」をつくる
 会議=害悪ではない
 定例会議の頻度は週1回
 定例会議の時間は30分がいい
 定例会議で押さえるべき3つのこと
 様々な会議をデザインする
第3章 部下の「報連相」が変わると、決断のスピードも上がる
 「自走する部下は放っておくことで育つ」は間違い
 チームが一丸となって働くことを目指す
 部下育成がうまくいかない本当の理由
 「部下との時間」のつくり方
 「雑談」は、部下のアウトプットの質を高める
 部下との会話はロジカルに
 相手の「セーフゾーン」を意識する
第4章 チームの問題は「5つのスキル」で解決する
 5つのスキルの組み合わせで解決する
 「謙虚」に「遠慮」せず、「同時並行」でやる
 実践編ケーススタディ(ケース1~5)
など
Amazonレビュー
amazon検索