ほんとに、フォント。フォントを活かしたデザインレイアウトの本

価格: (税込)
ソシム
ページ:243頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で15656位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

重版続々!!!
今、一番売れているデザイン書「けっきょく、よはく。」
待望の第2弾!!!

こんどは「フォント」でデザインをおしゃれに変える!

フォントの知識を深める専門書は数あれど、
結局、どのフォントをどう使えばいいの?
に答えてくれるものはありません。

フォント使いのコツ? ルール? 必殺技?
残念ながら…そんなものはありません。

フォント選び、それは“センス”。
もちろんそのフォントを選んだ理由は必要です。
クライアントを納得させるためには知識も必要でしょう。

でも実際にデザインするときは…

「ターゲットの年齢層が高めだから落ち着いた明朝体、
 可読性を上げるためにウエイトは太めがいいかな…」
 ↑↑↑
ここからはじまって、

「じゃあ、条件に合うフォントは…」
 ↑↑↑
ここにセンスが必要!!

つまり、
フォントが変わればデザインは変わる!

そして、フォントのセンスを磨くにはたくさんの使用例を見ることが大切です。
本書はその経験値を上げるための作例集です。
Amazonレビュー
amazon検索