縁の川 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫)

価格: (税込)
祥伝社
ページ:250頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で62984位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「欠け落ち」した若い男女を連れ戻せ! 市兵衛、若き日に算盤を学んだ商都・大坂へ! 北町奉行所定町廻り同心・渋井鬼三次の息子・良一郎が幼馴染みの小春と失踪した。残された書き置きから大坂への欠け落ちが疑われたが、はたして本当に恋の逃避行なのか? 親の責任を感じた鬼三次は、友人の唐木市兵衛に二人の捜索を依頼、市兵衛は、良一郎の兄貴分・富平を伴って大坂へと出発した。そこは若き日に市兵衛が算盤を学んだ地でもあった。やがて、二人の出奔前、幼い頃生き別れとなった小春の姉・お菊が大坂で不審な死を遂げていた事実が判明、さらに姉妹一家の陰惨な過去と悪徳両替商の存在が浮上した……。全国注視の大人気シリーズ「風の市兵衛」、瞠目の新展開「弐」の第4弾(通算24巻目)!
Amazonレビュー
amazon検索