異端者の快楽 (幻冬舎文庫)

価格: (税込)
幻冬舎
ページ:287頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で26428位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「年を取るとは、自分のセックスに忠実になることなのだ」――。カリスマ経営者として共同体の中心に身をおきながら、「異端者」である己との狭間で、精神の暗闘を繰り広げてきた見城徹。作家やミュージシャンなど、あらゆる才能と深い関係を切り結ぶことで得た官能的な体験とは。「個体」としてどう生きるかを改めて宣言した書き下ろしを収録。
Amazonレビュー
amazon検索