野の春―流転の海 第九部―

価格: (税込)
新潮社
ページ:404頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で18475位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
自らの父をモデルにした松坂熊吾の波瀾の人生を、戦後日本を背景に描く自伝的大河小説「流転の海」。昭和四十二年、熊吾が五十歳で授かった息子・伸仁は二十歳の誕生日を迎える。しかし熊吾の人生の最期には、何が待ち受けていたのか。妻の房江は、伸仁はどう生きていくのか。幸せとは、宿命とは何だろうか――。感動の最終幕へ。
Amazonレビュー
amazon検索