やがて君になる(7) (電撃コミックスNEXT)

エディターレビュー
自らの足で前へと進み始めた燈子。
だが、その隣は侑の居場所ではなかった。
すれ違ったまま時が過ぎ、
燈子と沙弥香は修学旅行へ。
「思いを伝える。その時は、もう来ている」
Amazonレビュー
amazon検索