「%」が分からない大学生~日本の数学教育の致命的欠陥~ (光文社新書)

価格: (税込)
光文社
ページ:258頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で86313位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「%」は全世界共通の言葉で、人口、使用言語、予算に占める各種対象、食品の成分、土地の用途別面積、時間配分などの割合や変化といった様々なものを測るときに用いられ、私たちが社会を営むうえで重要な指標である。だが、日本では現在「『%』が分からない大学生」が増えている。そこには、日本の数学教育が抱える深刻な課題がある。長い間、現在の数学教育に危機感を抱いてきた著者が、これからの時代に必要な「学び」を問う。
Amazonレビュー
amazon検索