背後の足音 下 刑事ヴァランダー・シリーズ (創元推理文庫)

翻訳 柳沢 由実子
価格: (税込)
東京創元社
ページ:387頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で24657位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
本当の姿を誰も知らない
あまりにも無惨な同僚の死
イースタ署に戦慄が走る
刑事ヴァランダー・シリーズ


長年いっしょに仕事をしてきた同僚の刑事が殺された。そのあまりに無惨な殺人現場に、ヴァランダーを始め、イースタ署の面々は言葉を失った。どうやら殺された刑事は、夏至前夜に消えた若者たちの事件を調べていたらしい。二つの事件は同一犯のしわざなのか? 調べを進めるうちに、次第に明らかになる同僚の隠された素顔。自分はいったい、彼の何を知っていたのか。焦燥感がつのるなか、次の犠牲者が……。糖尿病からくる体の不調と闘いながら、ヴァランダーは事件の真相に迫る。現代社会の病巣を見事にえぐった、北欧の巨匠、マンケルの傑作。
解説=小山正
Amazonレビュー
amazon検索