実践で理解する G検定 ディープラーニング教本: G検定合格者が教える最短で合格する秘法 (神草出版)

価格: (税込)
ページ:104頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で1570位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
本書は、一般社団法人日本ディープラーニング協会が主催するJDLA試験のうち「G検定」の最短一発合格を目指す方に向けての対策本です。JDLA Deep Learning For GENERAL 2020 #1を受験する方の必見書籍です。

JDLA Deep Learning For GENERAL 2019 #3では、最新の法律関連の問題が多く出題され、公式の教科書や問題集を解いていても、不合格になってしまった人が少なくありません。

本書では、XLNetを含む最新技術にも触れ、教科書でカバーされていない範囲も出題される自宅受験形式のG検定をどのように攻略すればよいのか、という観点での解説もしている唯一の本です。

「G検定」は2時間以内に約220 - 230問の問題を解く必要があり、AI関連の幅広い範囲の知識が問われる試験となっています。本書に書かれている合格メソッドを知らずに真っ向から勝負すると、時間をかけて学習したのにも関わらず試験に落ちてしまうということも考えられます。

社会人にとって時間は有限で非常に尊いものです。年に2-3度しかない試験で失敗して予定外の出費を避けるためにも、AIの知識を身につけるのはもちろんのこと、どのようにして、「G検定」に合格するのか、という観点についても本書で学んでいただければ幸いです。

本書では実際に著者が実践し、2日間(48.0h)でほぼ満点合格まで持っていくことができた実証済みのG検定合格メソッドを余す所なく公開いたします。

他書は高校数学の知識があることを前提に記載されているものばかりで、何年も算数や数学から離れている社会人に優しくなく、途中で諦めてしまいそうになります(筆者もそうでした)。本書では、ディープラーニングに至るまでに必要な数学の知識を、小学二年生の算数のレベルを前提にして解説に努めました。

また、本書で解説されないトピック(例えば、AIに関連する法律や人工知能の歴史など)についても、「試験力」を強化することで得点可能となります。

筆者の考えるG検定合格における「試験力」とは「暗記力」「速算力」「検索力」「判断力」の4つのことです。これらを短期間で効果的に伸ばしていくために、巻末に実際に出題された問題に類似する問題(覚えている範囲で恐縮です)を提供しますので、ぜひご活用下さい。

本書は「試験力」を重視していますので、合格を目指すのであれば、必ず紙とペンを用意し、実際に問題を解いていただけることを強く推奨いたします。実際の試験はWeb試験となりますので、受験までに225問のWeb模試で合格判定を出して自信を持って本番に臨んでいただければ幸いです。

Web模試のURLは下記のとおりです。
巻末のアクセスキーで、以下サイトでG検定と同様の形式で、類似した問題を225問解くことができますので、
ぜひ実践的な試験対策にご活用下さい。

https://deeplearning.sakura.ne.jp/general
Amazonレビュー
amazon検索