大前研一 世界の潮流2019〜20

価格: (税込)
プレジデント社
ページ:180頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で11438位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
【内容紹介】
マッキンゼー伝説のコンサルタントが解説 2時間でわかる政治・経済・産業動向!!

◎昨年3万部超『世界の潮流』シリーズが発売
◎2019〜20年の世界を分析した大前氏の渾身作
◎現代を俯瞰できる用語解説付き
大前研一氏が、世界・日本の経済・政治・産業について手に取るように解説できるのには理由があります。
毎朝4時に起きてBS放送を観るのが習慣で、他にも世界各国の新聞、WEB、雑誌などから気になった記事をピックアップし、毎週日曜日に自身が創業したBBTの2時間番組でアウトプットしているからです。またプレジデント誌、週刊ポストなどで記事の連載も受け持ち、本の執筆も精力的に行っています。
主に論じるテーマは以下の通りです。

日本→地方に軸足を移す国家モデルをどう構築できるか
アメリカ→不毛な米中貿易戦争にどう対応するのか
アジア→21世紀のeコマースの覇者は中国だが、今後どうなるのか
欧州→EU(地域連合)の弱体化の現状はどうなるか

これから世の中の流れがコンパクトに分析されていますので是非、ご一読頂けると幸いです。

【目次抜粋】
プロローグ
第一章 世界経済の動向〜世界的減速の不安
第二章 激変する世界
第三章 G -1=Me First
第四章 国家モデルの変容〜色あせる民主主義
第五章 デジタル・ディスラプション
第六章 新時代、日本はどうすればいいのか
Amazonレビュー
amazon検索