西城秀樹出演 系列 DVD 全4枚【NHKスクエア限定商品】

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 13,200 (税込)

カテゴリ:DVD
JAN:4988066229831
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで48101位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー

信頼と裏切り、夢と挫折、激烈な競争の中に生き残りをかけて闘う男たちとその家族の熱い心情を、 若き経営者祥吾のすがすがしい目を通して描く。

【収録内容】
浜岡茂哉は従業員数3600人の自動車用ヘッドランプメーカー大成照明器の社長。先代がランプ会社として起こした町工場をここまで育ててきた。しかし照明メーカーとして発展するためには、日本を代表する自動車メーカー、東京自動車の系列下に入らざるを得なかった。  東京自動車は傘下にした二百社余りの系列部品会社に厳しい内規を課し、経営の細部に至るまで支配権をふるっていた。社長の上限年令制限もその一つであり、68歳を迎えた浜岡もオーナー社長でありながら内規に従って、やめざるを得なくなる。
 浜岡社長は、優秀な経営者として将来を嘱望されている息子の祥吾に跡をつがせたいのだが、40歳という若さを理由に東京自動車はそれを許さず、自社から天下りしている役員を社長に就かせようと無理押しする。拒否すれば、様々ないやがらせの上、取引を停止され、大成照明器は倒産せねばならない。  やむを得ず、浜岡は子飼いの立山錦一を社長にし、自分は会長に就任して大成照明器の独自経営を守ろうとするが立山新社長は東京自動車に完全に取り込まれ、取締役会で抜き打ちに浜岡会長を解任し、ついに浜岡父子は大成照明器から追い出され、東京自動車の完全支配が実現する。

父茂哉が解任されると長男の祥吾(三浦友和)は渡米、次男の恒男(西城秀樹)は東自に留まり「系列」整理のポジションにいる。帰国した祥吾は信頼する技術者とともに「大成」を辞め、日米の技術力を生かした小さな大企業「HAMAOKA」を設立、倉庫を借りての研究開発がつづく。東自にすがる大成の現経営陣にはさらなる圧力がかかる。
 東京自動車の静岡工場閉鎖は系列部品メーカーの大成照明器に大打撃を与えた。現首脳部が難局打開の切札とした東自幹部の大成役員就任と長男の祥吾(三浦友和)の大成復帰の計画は、系列切り離しを狙う東自本社の反対で実現しない。
 一方、祥吾の開発した「HAMAOKA」製のヘッドランプがアメリカの新車に採用され、技術力を生かした小さな大企業をめざす「HAMAOKA」もようやく軌道にのってきた……。

【出演】
三浦 友和、西城 秀樹、佐藤 慶、奈良岡朋子、浅田美代子、川谷 拓三、松村 達雄、神山 繁

原作:清水 一行
脚本:冨川 元文
演出:望月 良雄

【封入特典(予定)】
・ブックレット(8P)

○1993~94年 NHK総合で放送

*DVD4枚組
*収録時間:約296分/4:3/ステレオ/片面1層/カラー/チャプター付

2019 NHK
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索