野菜だより 2019年7月号 [雑誌]

編集 野菜だより編集部
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
【内容紹介】
夏野菜に効果てきめん!
液肥の驚きの使い方

【特集】夏野菜に効く! スーパー追肥術
おいしい夏の果菜類を長く楽しむためには追肥が欠かせません。家庭菜園では、固形肥料が一般的ですが、より速く、より効率的に追肥できる液肥を使ってみましょう。今号の特集では、主に有機液肥を使った追肥術を大公開します。専門機関で行われた実験データから有機液肥がなぜ効果的なのか証明し、夏野菜ごとに、いつ、どのくらい与えればよいのかをわかりやすく紹介します。自家製ボカシ肥料ですぐできる簡単液肥のつくり方も掲載。(監修:中野明正、高木篤史[サカタのタネ])
【掲載している夏野菜】
ナス/ピーマン・パプリカ/トマト/キュウリ/ズッキーニ/スイカ・カボチャ/エダマメ・インゲン/トウモロコシ/オクラ/サトイモ

【季節の野菜づくり】栽培記録の達人 髙橋さんの堅実菜園
菜園家の髙橋卓也さんは、10年間、自分の畑の栽培記録をつけてきました。栽培記録からこれまでの成功と失敗を振り返り、誰でも、失敗なく、有機・無農薬で野菜づくりができる方法を記事にまとめました。毎号、季節の野菜づくりをご紹介していきます。カボチャ、ニンジン、黒大豆、インゲン、秋ジャガイモ(監修:髙橋卓也)

【育苗】秋冬葉物野菜 育苗の新常識
夏野菜の収穫期が始まれば、秋冬野菜の育苗のスタートです。秋冬の主に葉物野菜の苗をガッチリとした良苗に育てるコツを、タキイ種苗の育苗の専門家に教わりました。プロが使う物というイメージの強いセルトレイの意外なメリットを発見。苗づくりがなかなかうまくできない人、必見です。(監修:角江和也[タキイ種苗])

【土づくり】新・太陽熱養生処理
夏の日差しと気温を利用して行う“太陽熱養生処理”。これにひと手間加えて、連作障害対策、病虫害対策、土質改善の効果がより一層高まる新しい方法をご紹介します。(監修:花ごころ)

【病虫害対策】夏野菜 病気残渣のトリセツ
病気にかかった夏野菜の残渣をどのように処理すればよいのか、知りたいけれど誰も教えてくれない情報をまとめました。これまで常識だと思っていた対処法ではなかなか病気は改善しない!? (監修:木嶋利男)

【別冊付録】夏の遅まき 秋の早まき 裏ワザ栽培
気温が高くてまだまだ野菜ができる9月~10月なのに、夏野菜が終わってしまい次の秋冬野菜まで採るものがない! なんて“端境期(はざかいき)”を経験したことのある菜園家も多いのではないでしょうか。秋の端境期をなくすために、夏野菜の植えつけが一段落した今からスタートする裏ワザ栽培があります。いつ行っても収穫物がある畑をつくりましょう。


【家庭菜園誌「野菜だより」はこんな雑誌です】
自家用で食べるからこそ無農薬でつくりたい。旬の野菜をよりおいしく食べたい。市販では買えない品種を味わってみたい。そんな家庭菜園を楽しみたい方に、野菜づくりの手順や無農薬栽培のコツ、土づくりなどの役立つ情報を発信しています。農学博士、有機農家、菜園家など、講師役が多種多様なのも本誌ならでは。イラストや写真を多用し、わかりやすい誌面を心がけています。

※電子版には掲載されていない記事や画像、広告ページがあります。
※電子版からは応募できない懸賞や使用できないクーポン、応募券等があります。また、付録がついていない場合があります。ご了承ください。
※この商品はカラー版です。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合があります。
Amazonレビュー
amazon検索