ズレずに生き抜く 仕事も結婚も人生も、パフォーマンスを上げる自己改革 (文春e-book)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:159頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で28757位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
電子書籍版では書き下ろしのまえがきを収録!

「あるある」「上層部に読ませたい」「励まされた」など30代、40代の共感の声多数。
うまくいかない、おかしい、腹が立つ。仕事、会社、人生、社会でズレているのは自分?それとも…。
文春オンラインの人気著者による、時代と自分のズレを 認識し希望に変えるための必読書!

●おもな目次
【第1章】 仕事観のズレ
・部下がついてこない人の「失敗の本質」
・頭のいい人たちが集まっているはずの組織がやる、馬鹿なこと
【第2章】 人生観のズレ
・休むのが下手で、頑張れば上手くいくと思い込み過ぎ
・この時代「人生のデザイン」なんて、できるのか
【第3章】 企業観のズレ
・若者に、いまの年寄りの人生アドバイスは役に立たない
・「人工知能が採用面接で人間を見抜く時代」の欺瞞と憂鬱
【第4章】 世代観のズレ
・育児に労働に疲れ果てる女性と、所得が低いと馬鹿にされる男性
・通勤ラッシュの赤ちゃん「日本は育児に冷たい」の妥当性
【第5章】 結婚観のズレ
・「絶対に成功しない婚活」×「必ず結果を出す正しい努力」
・「わたし、肉食だから」と自称する女の人について
【第6章】 時代観のズレ
・オタクがオタクでなくなるとき
・無い才能の、見切り方
Amazonレビュー
amazon検索