UXデザインの教科書

エディターレビュー
ユーザーエクスペリエンスデザイン(UXデザイン:user experience design)の理論とプロセス、デザインのための手法について書かれた解説書。UXデザインは先駆的な人たちが、ユーザーに「良いものを提供したい」という思いで挑戦をしてきた成果の蓄積で成立している。本書はUXデザインを実践する際に把握しておくべき知識や、UXデザインの基礎知識のほかに、UXデザインのプロセスと用いられる代表的な手法についてわかりやすく解説。1章でUXデザインが必要とする背景と歴史的な観点からUXデザインを理解するところから始め、2章では、基礎知識としてUXデザインを構成する8つの要素と知識を解説。3章は、著者の経験から、UXデザインを実践するためのプロセスとそれに関連する知識や留意点、4章で、実践で役立つ22種類の手法を紹介し、その考え方や実践方法を解説する。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
Amazonレビュー
amazon検索