ガイドブックには載らない イタリアまる秘旅行術 知っていると10倍楽しめる達人の知恵60 改訂版

エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。



●日本人が失敗する意外な落とし穴

●知っておくとお得で安心の街歩きの秘訣

●少しの知恵で見方が変わる

三浦流「遺産&美術」鑑賞ガイド


お手軽パックツアーも、わがまま個人旅行も。
快適&最高の旅に変えるコツを教えます!


*主要5都市のまわり方

*ローカルTVの活用術

*水やトイレ、困ったときは?

*グルメは注文&支払いもスマートに

*教会建築や宗教画の豆知識

*足を延ばして隣国へ


著者;三浦 陽一(みうら よういち)からコメント

皆さんはイタリアと聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?
おしゃれなファッション、
食事がおいしいところ、
輝く太陽と青い海、
ルネサンス文化の薫る街角、
熱狂的なサッカーなど
プラスのイメージの一方で、
ひったくりやスリが多いなどとマイナスのイメージを持っている人も
多いのではないでしょうか?

どちらも間違いではありませんが、
イタリアに5年間滞在し、その後日本に帰ってからも
仕事でイタリアと日本の間を年に4~5回往復している者にとっては、
日本で得られるイタリアについての情報が
偏っているのは残念でなりません。

イタリアは今でも日本人の間では
旅行先として大変人気があるのですが、
実際にイタリアを旅行し、帰国した日本の人々の間では、
他の国々と比べて評価が大幅に下がるという傾向が見られます。

その理由としては、スリや盗難にあったという人もいますが、
それよりもむしろイタリアを旅行するときに必要な
ちょっとしたコツを知らなかったために、
楽しいはずの旅行が期待外れとなってしまったという人が多いようです。
ガイドブックにもなかなかこうした情報は掲載されていません。

初めてイタリアに行く人はもちろん、
すでに何度かイタリアに行った人にも
役に立つ旅行のヒントを本書には満載しました。

多くの日本人旅行客が訪れるのは、
ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマ、ナポリの5都市ですので、
本書ではこれらの街を訪問することを想定しています。

本書により皆さんのイタリア旅行が楽しく充実したものになれば、
これ以上の喜びはありません。


第1章*日本の常識を一度忘れよう!

第2章*計画準備

第3章*ついに到着

第4章*ホテルでの振る舞い

第5章*食事

第6章*イタリアてくてく街歩き

第7章*イタリア交通事情

第8章*イベント&ショッピング

第9章*イタリアの中の外国と近隣国への旅


※ 本書は、2014年発行の『ガイドブックには載らない Amore! イタリアまる秘旅行術 知っていると10倍楽しめる達人の知恵60』を元に、加筆・修正を行ったものです。

Amazonレビュー
amazon検索