神仕組み令和の日本と世界 日月神示が予言する超覚醒時代

エディターレビュー
この本を読んで、身魂磨きをし、
新しい時代をおむかえください。


天変地異や異常気象、闇の勢力によるAI計画など、
「平成」という時代を見事に浮き彫りにしてきた
日月神示。日月神示研究の第一人者の中矢氏が
伝える「新元号」時代のメッセージ。
天変地異、自然災害は? 歴史サイクルは? 
日本人の生き方とは?
日月神示ファンはもちろん、
すべての日本人におくる、待望の書き下ろし!


【第1章】 天皇とは何か

◎日本はどこまでも天皇を中心とした国
◎日月神示に頻出する「てんし様」の記述
◎「てんし様」と「天皇」との違い
◎神武天皇が即位したのは何年のことか
◎「日本天皇が世界を統一する」は作為だったのか
◎石原莞爾も予言していた「世界天皇の出現」


【第2章】 歴史サイクルで読み解く未来

◎村山節氏の大発見「文明800年周期交替説」
◎鶴岡八幡宮で降りた“啓示”
◎1600年よりさらに大きな周期がある?
◎丹波が世界の中心になる!?
◎伊勢神宮の予言
◎日本は「国威発揚」の時代に
◎『天孫人種六千年史の研究』


【第3章】 天変地異と自然災害

◎地球は温暖化ではなく寒冷化しているの
◎民族移動の主な要因は、気候変動
◎中国の体制崩壊と環境悪化で20億の民が動く?
◎迫りくる巨大地震
◎「五畿七道超巨大地震」は日本列島全体地震
◎富士山の噴火はあっても壊滅的なものとはならない


【第4章】 世界の「裏の権力者」と天皇家の真実

◎消された皇子・久邇宮和仁親王について
◎「闇の勢力」も日本の秘史を知っている
◎天皇家のルーツは古代シュメール
◎藤原氏の台頭と白村江の戦い
◎藤原四家と天皇家


【第5章】 私たちが目指すべき未来

◎6000年の歴史がリセットされようとしている
◎大難は小難に変えることができる
◎明治以降の日本は本来の日本ではない
◎戦前の大アジア主義の理想を受け継ぐ
◎「五族協和」を理念に建国された満州
……など。
Amazonレビュー
amazon検索