リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義 (中公新書)

価格: (税込)
中央公論新社
ページ:227頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で59586位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
アメリカ社会、とりわけ若い世代に広がりつつあるリバタリアニズム(自由至上主義)。公権力を極限まで排除し、自由の極大化をめざす立場だ。リベラルのように人工妊娠中絶、同性婚に賛成し、死刑や軍備増強に反対するが、保守のように社会保障費の増額や銃規制に反対するなど、従来の左右対立の枠組みではとらえきれない。著者はトランプ政権誕生後のアメリカ各地を訪れ、実情を報告。未来を支配する思想がここにある。
Amazonレビュー
amazon検索