[新版]デザイナーになる! 伝えるレイアウト・色・文字の大切な基本と生かし方

エディターレビュー
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【基本を知って事例で学ぶ、デザイン入門の入門書!】

この本は「デザイナー」を目指す人のための「入門の入門書」です。

「これから一歩、デザイナーとして歩き出したい、でも、ちょっと勇気がない…」
「何から手をつけていいのかわからない…」
「自分なりにつくってはいるんだけど、デザイナーの仕事とはなんかちがう…と感じている」
「パソコンのソフトの使い方を覚えたけれど、デザイナーになれたと感じない…」
はて、なぜだろう?

「デザイナー」は「目的を定められ、目的を形にできる人」。デザインは、見せる人がいて、はじめて成り立ちます。ゴールが違えば、表現手法もさまざま。具体的に考えるところから、デザインがはじまります。デザインの目的や、クライアントや周りの人たちとのコミュニケーション、デザイン制作の進め方、その過程での心構えなどを押さえた上で、これらの知識や手法を学んでいく必要があります。

本書を読み、そして実践していくことで、デザイナーとしてはじめに必要な考え方と知識がきっと身につくでしょう。

「あっ! 私もデザイナーになれそう! 楽しそう! ワクワクしてきた!」という感覚にぜひなってください! グラフィックデザイナーやウェブデザイナーを目指す人はもちろん、デザインの基本を知りたいという人も楽しく学べる一冊です。

〈本書の内容〉
■第1章 デザインの心構え
デザイナーになるには?/対象人物から想いを聞く/リサーチする …など

■第2章 デザイン手法の基本知識
レイアウトの手法:「グループ化」/「整列」/「コントラスト」
色:知っておきたい基礎知識/色を選択する/色による印象
文字:知っておきたい基礎知識/書体を選択する/書体による印象 …など

■第3章 デザイン事例から学ぶ
まとまり感を印象づける:同じ要素に分類する/要素のサイズ比率を揃える/要素をグリッドに揃える
安定感を印象づける:シンメトリーに配置する/対角線に配置する/重心を下に置く
女性向け表現を意識する:「大人の女性向け」/「ガーリー」/「ゆるかわ」 …など
Amazonレビュー
amazon検索