ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

価格: (税込)
ポプラ社
ページ:136頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で1307位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「34歳のときに治らないがんの告知を受けた。後悔はない。それは、すべてを自分で選んできたからだ。」 家族、友人、仕事、お金、自分の居たい場所、そして生と死。命を見つめ続けてきた写真家が、大切にしてきた「選ぶ」ということ。 生きにくさを超えるために、自ら「選ぶ」ことの意味を、強くやさしいことばで綴る。「生きにくさを感じている人に、生きやすさを感じてもらえることを願って――。」
Amazonレビュー
amazon検索