WIRED(ワイアード)VOL.33

編集 WIRED編集部
エディターレビュー
来るべき第三のグローバルプラットフォーム「MIRROR WORLD」を総力特集

この世界のデジタルツインであり、リアルワールドにぴたりと重なる
もうひとつのレイヤーであるミラーワールド。

これまでインターネットがすべての情報をデジタル化し、
SNSが人々のつながりをデジタル化してきたように、
ミラーワールドは物理的世界すべてをデジタル化する。

VRやARといった拡張現実はハイプサイクルの「幻滅の谷」を超え、
いまやテックジャイアントばかりか先駆的なスタートアップがこの新世界に殺到している。
その到来を高らかに告げたケヴィン・ケリーのヴィジョンは、
2025年の大阪に出現するコモングラウンドを経て、未来の実装へとつながっていく。
鏡像世界との往還を描いた本特集に呼応して、伝説のSFアニメ『電脳コイル』の磯光雄、
そして井戸の底の世界を語る村上春樹のロングインタビューも巻末に収載!

FEATURE
ケヴィン・ケリー、豊田啓介、川田十夢、リアム・ヤング、スペンサー・ローウェル、
ケイイチ・マツダ、石井 敦、ベン・ゲーツェル、藤井直敬、下西風澄、安藤 剛、
福尾 匠、佐倉 統、伊藤亜紗、市川真人、齋藤精一、Licaxxx、デイヴィッド・バーチ、
磯光雄、村上春樹、ほかが登場。

PICK
■ようこそ、マシンランドスケープの時代へ! 人間なしの建築 〈わたしたち〉不在の風景が地球に拡がるとき
■KEVIN KELLY — ケヴィン・ケリー|ARが生み出す次の巨大プラットフォーム
■ミラーワールドをひもとくための7つのキーワード(と18のスタートアップ)
■建築家・豊田啓介が提唱する「2025年」の意味
■川田十夢が描く“ミラーワールド化"への4段階
■ミラーワールド実装に向けた5つの視座|ケイイチ・マツダ
■科学とフィクション、その果てしなき「イタチごっこ」の行方|磯 光雄
■村上春樹、井戸の底の世界を語る。
and more
Amazonレビュー
amazon検索