楽しかったね、ありがとう (幻冬舎単行本)

価格: (税込)
幻冬舎
ページ:149頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で186514位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「寂しいけれど、悲しくはない」「綱渡りのような日々も愛おしい」
「あえてさよならは言わずに」「お疲れさま、ありがとう」「先に行って、散歩しながら待ってて」

15歳の犬から25歳の猫まで、長生きして逝った動物たちと飼い主の日々。見送ったあとに、飼い主たちの心に残った想い。自らも14歳の柴犬・センパイと9歳の保護猫・コウハイと暮らす著者が綴る、犬と猫と人の、すばらしい物語。

犬や猫は人間の何倍もの速さで「生」を駆け抜けていきます。私たちにとって変わりばえのしない今日であっても、動物たちと過ごせる瞬間がいかに貴重で、今を精一杯いつくしむことがどれだけ大切か……。(はじめにより)
Amazonレビュー
amazon検索