民事保全・執行を勉強しよう――実務との架橋を目指して[連載誌面合本版] 法学教室DIGITAL LIBRARY

価格: (税込)
有斐閣
Amazon.co.jp 売上ランキング:で53730位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
※このKindle本はプリント・レプリカ形式で、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍リーダーおよびKindle Cloud Readerではご利用いただけません。Fireなどの大きいディスプレイを備えたタブレット端末や、Kindle無料アプリ (Kindle for iOS、Kindle for Android、Kindle for PC、Kindle for Mac) でのみご利用可能です。また、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用については、一部機能しない場合があります。文字だけを拡大することはできません。

民訴法はしっかり勉強したのに、保全法・執行法まで手が回らない…。そんな悩みを持っている人はいませんか。試験科目ではない保全法や執行法はどうしても手薄になります。しかし、実務では、保全・執行は民事手続を完結するために欠かせません。本連載は、実務を知り尽くした弁護士が設例を素材に、保全・執行の基本を解説します。教科書を1冊読む余裕がないという人も、まずはこの連載からはじめましょう。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を、誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。
■目次
第1回 民事保全総論・仮差押え――貸金返還請求事件を題材に
第2回 民事執行総論・債権執行――貸金返還請求事件を題材に
第3回 民事保全執行・建物明渡強制執行
第4回 民事保全執行・建物明渡強制執行(2)
第5回 所有権移転登記請求権の保全と執行
第6回 民事保全・執行における不服申立て――賃金仮払いの仮処分を題材に
■連載期間
法学教室2017年10月号~2018年3月号(全6回)
Amazonレビュー
amazon検索