日本語教師、はじめました!: 日本語教師読本 1

価格: (税込)
webjapanese
ページ:102頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で76635位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー

資格を取り、仕事を始めた教師のための「日本語教師読本シリーズ」第一弾は、かけだしの日本語教師のための道案内「日本語教師、はじめました!」です。

この本には「この方法ですべて解決!」「たったこれだけのことで劇的に変わる!」「これを知らないと時代に遅れる!」というようなことは書かれていません。

日本語学校で、大学で、海外で教えてきた日本語教師2人が、いろんな道で出会ういろんなことについて若い頃に知っておきたかったということを整理することからはじめました。日本語教師という仕事を長く続けていくために、大事なことを漏れなくピックアップし丁寧に説明しました。今の職場で恥をかかないためだけのノウハウやコツではなく、長く、どこでも通用するような真の実力をつけるための問題との向き合い方を中心に、資格をとって教え始めた教師がゆっくりと、でも着実に力をつけていくためのサポートになるような本を目指しました。

新人教師が、安心してまかせられる教師になり、その先の道をみつけるまでの手堅いガイド役となり、経験豊富なベテラン教師にとっても「この本を読んでおいてね」というものになっていればうれしいです。


*読本シリーズでは本に関する資料や補足などを日本語教師Wikiとしてネット上で公開しています。


  • 授業の準備で追われることからどうやって脱出するか?

  • 教える以外の仕事との向き合い方。

  • 新人を脱した教師にはどんなことが期待されているのか?

  • 中堅の教師となるための準備とは?

  • 現場の教師は論文とどうやって付き合っていったらいい?

  • 「古いやり方」「新しいやり方」という図式の問題点

  • ずっと日本語学校で教える?

  • 職人を極める、研究の道、コンサルティング、いろんな選択肢

  • 「パソコンが苦手」でも大丈夫


著者紹介


作田奈苗

お茶の水女子大学大学院人文科学研究科日本言語文化専攻修士(人文科学)。文部科学省所轄財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー。NPO多言語多読正会員。香港中文大学非常勤講師、ジェトロ日本語アドバイザーなどを経て、現在、東京外国語大学などの首都圏の大学で、非常勤講師として、留学生の日本語、および、日本語教員養成課程の授業を担当。


加藤みゆき

日本語教育学(修士)、カウンセリング学(修士)取得。国家資格キャリアコンサルタント取得。台湾で日本語教師としてスタートし、帰国後、主に東京の日本語学校、専門学校、独立行政法人予備教育機関等で非常勤・専任として私費・国費留学生の日本語予備教育に携わる。

2012年~2018年立命館アジア太平洋大学講師(学部留学生のための日本語教育)、2018年~現在東京外国語大学世界言語社会教育センター特任助教(国費学部進学留学生のための日本語教育)。
Amazonレビュー
amazon検索