メンテナンス ドッグマッサージ (愛犬のコリ・痛みを最短10秒でほぐす)

価格: (税込)
マガジンランド
ページ:98頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で180051位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

メンテナンスドッグマッサージは、
犬の解剖学に基づく基礎知識の上に成り立っています。

■愛犬からのHELPサイン
・背骨が曲がっている
・肘が外側に向いている
・肉球より爪が長く伸びている
・お座りのスピードが遅くなった
・前肢がO脚 後肢がX脚
・頭をさげたまま歩く
・触られるのを嫌がる
・イライラしてよく吠える
・散歩に行きたがらない
・後肢のふるえとふらつき

最大の特徴は「速効性です」。
普通のケースであれば10秒以内に、
カチカチに凝り固まった筋肉が柔らかな筋肉に戻るのを実感できます。

■犬がヒトよりこりやすい5つの理由
1 「鎖骨が退化した」ため、頭部を支え、前肢を動かす筋肉の負担が大きい
2 「四足歩行」は、首・背・腰の負担が大きい
3 「走る」とき、前肢は体重の約60%を支えている
4 飼い主さんを「見上げる姿勢」あ、首がこる
5「リード」の負担

痛みが出るメカニズムを理解したうえで、
筋肉が緩む4つの条件に即して「とらえるべき筋肉の箇所」に
的確に刺激を与える「攻めるマッサージ」だからです。

絆づくりやリラックス、健康で長生きは当たり前の前提で、
それを超える価値を愛犬家とパートナーの犬たちに提供できます。

獣医療の専門用語や知識も内容に含まれますが「うちの愛犬の身体はこうなっているから、ああなるのだ」と、
ナゾ解きの気持ちで読み進められます。


■目次

●STEP1 プレ・マッサージ編
・マッサージ・プレ知識
・健康チェック
・メンテナンスドッグマッサージの基礎知識

●STEP2 基本編
・ウォーミングアップ
・正しい姿勢と歩行を保つ基本のマッサージ

●STEP3 パーツ編
・頭部・首
・背・腰
・四肢

※本書は2017年6月に発刊した「メンテナンスドッグマッサージ」の装丁を変更し、新装版として再発行したものです。

■著者 櫻井裕子
ドッグセラピスト・アロマテラピーインストラクター&セラピスト。
ドッグライフデザイン! アプリシエ代表。メンテナンスドッグマッサージ創始者。
ドッグマッサージの登録商標は日本初。
一般社団法人ぺットマッサージ協会公認講師として100人以上を教えたが、
独学で確立したメンテナンスドッグマッサージをを広めるべく2011年独立。
特に膝蓋骨脱臼の犬のケアマッサージに定評があり、
メンテナンスドッグマッサージスクールは全国から受講者が通学するほど人気のスクールである。
Amazonレビュー
amazon検索