八月のひかり

価格: (税込)
汐文社
ページ:93頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で147186位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
小学校五年生の美貴は、二年生の弟・勇希と、体の弱いお母さんとの三人暮らし。お父さんは離婚したのでいない。勇希はもうお父さんのことを憶えていないようだ。
 母子家庭の美貴の家は貧しくて、猛暑の八月だというのにエアコンをつけることもできない。お風呂にも入れず、学校のプール開放でシャワーを浴びることにしている。そして毎日食べるのはキャベツばかり。塩味、マヨネーズ味、カレー味……スーパーのレジで働く母のかわりに、美貴は毎日キャベツを料理して、勇希と二人で食べている。夏休みは給食がないのでつらい。
「どうしてこんな毎日なの? だれのせいなの?」
 美貴の問いに、あなたは答えることができますか?
 いま大きな問題となっている「子どもの貧困」を、子どもの視点から描いた問題作。
Amazonレビュー
amazon検索