「5G革命」の真実 5G通信と米中デジタル冷戦のすべて

価格: (税込)
ワック
ページ:149頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で2168位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
5G時代の幕が開いた。筆者は数年前から企業向けに5G通信実験とレポート作成を重ねてきたが、5G通信に関して「これ一冊読めば、知識が無くてもザックリ分かる」というレベルの本がないことに気がついた。技術的に書いた本は前提知識がないと難しく、米中覇権争いにフォーカスした書籍などは技術や産業界を含めた動向が見えにくい。
そこでYouTube番組『WiLL MOE Channel』で、5Gがこれまでの通信規格と何が異なり、どこが目新しく、そのためになぜ国際政治が揺らぐのかを簡単に解説すると意外と反響があった。それをベースに技術の話を含めて書籍にまとめることにした。(「まえがき」より)

技術は世界を変える。中国型5G通信が世界に浸透することにより、統制された情報にしかアクセスできない人工世界へと導かれていく。すべてのモノによって、すべてが監視され、私たちのプライバシーは丸裸となり、それが商業的、政治的な目的で利用されていく。技術革命で起こる変化に対して、私たちは新しい技術で立ち向かうしかない。(「あとがき」より)

世界の「中国化」を狙う習近平、「自由社会」を守ろうとするトランプ。
米中対立は日本のビジネスチャンスだ!
3時間でわかる「5G通信とITビジネスの未来」

◎スマホもいらなくなる5G時代の仮想社会
◎5Gはサイバー空間の「核」だ!
◎技術覇権の争いではない、これは諜報戦争だ
◎アメリカの「5G潰し」と「6G戦略」
◎反トランプ「シリコンバレー」の暗躍とスパイ企業ファーウェイ
◎ロボット掃除機がスパイになる?
◎「EV車はエコ」の大ウソ
◎世界が必要とする日本のセンサー技術
Amazonレビュー
amazon検索