Numero TOKYO(ヌメロトウキョウ) 2019 年 10月号 [雑誌] (デジタル雑誌)

編集 Numero TOKYO編集部
エディターレビュー
Lady Power 私より、あなたのために

■COVER GIRL アリゾナ・ミューズ

■香取慎吾が語る あの時から今、そして未来
■沢尻エリカ、どん底を味わったからこそ生まれた女優の覚悟
■SEKAI NO OWARI ∞ End of the World 世界へ/Fukase 独占インタビュー

〈SPECIAL〉
「新時代を生きるレディの条件」
これからの女性に求められることとは? 社会、環境、未来…を考え「新しいレディ」へ。

「エシカルファッションの今」
持続可能な生産方法を重視するデザイナーとブランドにフォーカス。

〈FASHION〉
「アリゾナ・ミューズのリュクス&レディな秋モード」

「田中杏子のリアル・モード」

「新シーズンを謳歌する レディの新条件11」

「淑女の足元で叶える“モダンエレガンス”」

「気まぐれレディはチェックがお好き」

「パープルを操るセンシュアルな女」

「時計×ネイル 手元のおめかし」

〈PEOPLE〉
「彼と彼女。そして、香取慎吾と」
ファッション好きの香取慎吾が、自身が生み出すアートを融合させて新しいモードをクリエイト。

「自分史上最高の幸せを手にした沢尻エリカ」
どん底を味わったからこそ生まれた女優の覚悟を語る。

「End of the World 世界へ羽ばたく」
SEKAI NO OWARIが、End of the Worldとして海外レーベルから本格始動。誌面初登場。巻末にスペシャルポスター画像付。

〈BEAUTY〉
「これ、すごい! な新スキンケア」
パフォーマンスに思わず「これ、すごい!」と目を見張る注目の新スキンケアをご紹介。

〈GALLERY〉
「市田小百合:儚く、強く、しなやかに」
しなやかに生きる女性の姿を写し出す写真家の世界。

〈連載〉
「きっかけは“コレ”でした:栗原類」
「男の利き手:柄本明」
「YOUのてきトーク」


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。
電子版では、写真を非表示または記事そのものが掲載されていない場合があります。
尚、電子版からは、誌面の一部を切り取って使用する応募券やクーポン券等は使用できません。ご了承ください。

Amazonレビュー
amazon検索