狙撃手のゲーム(上) (扶桑社BOOKSミステリー)

翻訳 公手成幸
価格: (税込)
扶桑社
ページ:292頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で40465位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
ボブ・リー・スワガー・シリーズ待望の最新作、登場!
狙撃手×狙撃手、息詰まる死闘を見逃すな!

●あらすじ
アイダホで隠棲中のボブ・リー・スワガーを、ひとりの女性が訪ねてくる。彼女の名前はジャネット・マクダウェル。2013年にイラクの戦地で息子を射殺した敵軍のスナイパーをずっと追い続けているという。その男こそ「ジューバ・ザ・スナイパー」の異名で恐れられてきた、凄腕のシリア人テロリストだった。
アラブ諸国でジャネットが歩んできた壮絶な体験を聞いて胸を打たれたボブは、あくまで調査への協力としながらも、情報収集のためテルアヴィブに飛び、モサドの高官と面会することに――。「『ジャッカルの日』と並べおくべき一書。それほどに素晴らしい」(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)
Amazonレビュー
amazon検索