表現者クライテリオン 2019年 09号 [雑誌]

エディターレビュー
これまでの日本は、税収の範囲で行政を執り行うのが政治の王道なりとの規律で切り盛りされてきた中、MMTは税収の水準を気にする合理的必要性が一切存在しない
ことを社会科学的に証明して見せた。そして、国民を中長期的に幸福にするという一点だけが「財政の唯一の基準」であるとう「真実」を暴き出した。是非とも「色眼鏡」無くMMTをご評価いただき、新しき世界を眺める「眼鏡」としてのMMTの迫真性をとくとご鑑賞いただきたい。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
Amazonレビュー
amazon検索