歴史群像 2019年10月号 [雑誌]

編集 歴史群像編集部
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
「戦い」という視点から歴史の実相に迫る歴史雑誌、「歴史群像」10月号の内容は下記の通りです。

■第一特集
アメリカ海兵隊戦車隊
島嶼戦で培った強靱な突破戦術
不慣れなジャングルの中で、突如現れた敵拠点に前進を阻まれる。環礁の狭い海岸で足止めを喰い、十字砲火に晒される……。日本軍守備隊との地獄のような死闘の中で、両用戦部隊ならではの攻撃力と突破能力はいかにして育まれたのか?


■第二特集
新解釈 桶狭間の戦い
信長は本当に「正面攻撃」で勝利したのか
織田信長の余りにも劇的な全国史への登場場面、「桶狭間の戦い」。しかしこの合戦には多くの謎がともなう。義元の本陣の位置、信長の攻撃ルート、その勝因……。陸軍参謀本部に始まる、多くの研究者の足跡に対し、現地にゆかりのある筆者が史資料を読み解く中でたどり着いたもう一つの可能性とは――。現在の定説、「正面攻撃による勝利」は本当なのか? そして新たな解釈「閑道迂回奇襲」説とは?


■第三特集
日本海軍 小型潜水艇全史
"決死兵器"から"必死兵器"への変貌
甲標的から始まった日本海軍の排水量100トン以下の小型潜水艇は当初、漸減邀撃作戦のために開発された。しかし太平洋戦争の勃発と戦況の推移を踏まえて、その運用方法は劇的に変化し、やがて「必死」の特攻兵器が生まれることとなった。その歴史的流れを追いながら、個々の小型潜水艇を詳解する。



■カラー企画
戦跡レポート 日本から一番遠い南洋の委任統治領、その死闘の跡をたどる
マーシャル諸島
日本軍の防衛線の一角を占めたマーシャル諸島。米軍は攻略する島と素通りする島を選別したため、日本軍守備隊の運命は玉砕と飢餓という二つに分かれた。


CG彩色でよみがえる!
戦車発達史に咲いた過渡期のあだ花
多砲塔戦車の時代
第一次大戦末期から1930年代中頃にかけて多砲塔戦車が世界的に流行った。なぜ多砲塔戦車が求められたのか。そして、なぜ一過性の流行りで終わってしまったのか。



■検証/ドキュメント
オランダとベルギーの第二次大戦
ドイツと英仏の狭間で翻弄された2つの国
西欧の大国・英仏とドイツの間で高まる緊張。その狭間にあるオランダとベルギーは否応なく戦争へと巻き込まれていった。陸と空からのドイツ軍の侵攻に両国はいかに対処したのか。戦いの推移と占領下の状況を詳解する。


“肥前の熊”龍造寺隆信
【前編】国衆から肥前の覇者へ
佐賀平野の一国衆だった龍造寺氏を、一代で九州三強の一角にまで急成長させた龍造寺隆信。その肥前統一までの「下剋上」の過程を見る。


獅子奮迅!WWⅠドイツ東洋艦隊
血まみれで戦い抜いた滅亡までの6か月
地球の裏側、太平洋で祖国危急の報に接し、少ない情報から巧みに敵の網をくぐり抜け、神出鬼没の通商路攪乱で敵を地獄に陥れる。敵旧式艦隊を打ち破り、ようやく大西洋に出て故国に向かう時、そこには敵新鋭艦隊が待ち受けていた!


パーツから読み解く戦国期城郭論
枡形虎口
形態と機能から考える“究極の虎口”の誕生と発展
城攻めにおいて敵兵が殺到する虎口は、城郭防衛の要であった。虎口の中でも防御力が優れているとされる「枡形虎口」は、戦いのあり方が変化した戦国時代にどのような発達を遂げたのか。各地に残る遺構から「枡形虎口」の発展を検証する。


[連載]西洋戦史研究 ナポレオン戦争Part37
半島戦争(1810年)①第三次ポルトガル侵攻
1810年、スペイン国内の戦況を一段落させたフランス軍は、ポルトガルへ3度目の遠征を企てた。戦争が始まってからすでに4年目、ナポレオンがこの地を去って2年目を迎えていた。


■ インタビュー
『筑摩』航海士、『武蔵』砲術士から航空隊中隊長となった海軍大尉
原口静彦
海兵第七十期生として海軍に入り、開戦から前半を艦隊勤務、後半は航空隊勤務で終戦を迎えた海軍士官の戦い。


■好評!カラー連載!
※電子版には「武器と甲冑」は収録しておりません。

【縦横無尽! 世界戦史】戦争科学の先駆者たち
ランチェスタ・モデル

【蒼空の記憶】将兵から愛された戦場の"コウノトリ"
フィーゼラーFi156 シュトルヒ

【日の丸の轍】File.07 歩兵用対戦車砲機械化への回答
九四式三十七粍砲機動運搬車

【戦国の城】「領主別編制」の軍隊に適した戦国初期城郭の典型
武蔵 小野路城

【戦士の食卓】東京空襲、命をつないだ
おにぎり


■好評連載!
・日本100名城と武将たち 和歌山城 × 徳川吉宗
・Comic 吉原昌宏[戦場伝説/翼をもつ魔女]
・信長の独断 フルスロットル
・負けじ魂、これぞ船乗り
・戦場のミステリー
・迷宮歴史倶楽部


※電子版には掲載されていない記事や画像、広告ページがあります。
※電子版からは応募できない懸賞や使用できないクーポン、応募券等があります。また、付録がついていない場合があります。ご了承ください。
※この商品はカラー版です。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合があります。
Amazonレビュー
amazon検索