プロ野球怪物伝 大谷翔平、田中将大から王・長嶋ら昭和の名選手まで (幻冬舎単行本)

価格: (税込)
幻冬舎
ページ:179頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で521位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
野球界には、ときどき“怪物”と呼ばれる男たちが現れる。
元祖“怪物”・江川卓、“ゴジラ”こと松井秀喜、投打二刀流で“100年に一人の男”といわれる大谷翔平……。

“怪物”と呼ばれるには、必ず理由がある。彼らはいったい、何がどうすごかったのか?
プロ同士にしかわからない、本当の実力とは?
多くの“怪物”たちとともに戦い、また指導者として接してきた野村克也氏が、彼らの真の凄みを徹底分析する。

大谷翔平……投打二刀流、“100年に一人”の怪物を野村はこう分析する
清宮幸太郎……平成最後の怪物はプロで生き残れるか
江川卓……元祖“怪物”。全盛期は160km/h以上出ていた?
王貞治……名将・野村は尊敬するライバルをこう見る
清原和博……転落した“怪物”のデビュー時の破格さ
松井秀喜……ゴジラ松井は日本に残っていれば王を超えたか
松坂大輔……甲子園とメジャーを沸かせた“怪物”は日本プロ野球で復活できるか
斎藤佑樹……プロ入り後、泣かず飛ばずのハンカチ王子。復活の鍵とは ……ほか
Amazonレビュー
amazon検索