ピボット・ストラテジー―未来をつくる経営軸の定め方、動かし方

翻訳 小林 啓倫 , 監修 牧岡 宏
価格: (税込)
東洋経済新報社
ページ:386頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で68107位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
変化し続ける企業だけが高収益を実現できる!

「潜在的な収益価値」を獲得する「賢明なピボット」=方向転換の方法とは?

アクセンチュア、コムキャスト、ウォルマート、ペプシコ、フィリップス、ユニクロ・・・・・・
100社以上の企業はどのようにして「過去・現在・未来」の価値を発見し、成長につなげているのか。

本書では、創造的破壊の荒波の中で、その流れの力を利用し、生き残るために、
アクセンチュア自身が実行した戦略、現実を紹介している。

アクセンチュアはこの体験をサービスに変え、教訓を多くのクライアントに提供している。
本書では、その物語を、100を超えるケーススタディを通じて紹介している。
それは「賢明なピボット」がアクセンチュアにとってだけでなく、
業界や地域を問わず多くの企業に勝利をもたらす戦略であると証明するものといえる。

これまで誰も手を付けていない新しい収益源、市場の非効率性が原因で
「封印された」状態になっている「潜在的収益価値」を他社より先に手に入れて、
将来の成長を確実なものにするための戦略が「賢明なピボット」である。

【主な内容】
日本語版への序文
まえがき
謝辞

イントロダクション 「再構築」を再構築する

PART1 潜在的収益価値を解放する

第1章 潜在的収益価値のギャップ―創造的破壊をチャンスに変える
 価値はどうやって封印されるのか
 ビッグバン型創造的破壊と圧縮型創造的破壊
 潜在的収益価値が眠る4つの場所

第2章 7つの過ち―潜在的収益価値の解放を妨げるもの
 潜在的収益価値がもたらす危機
 7つの過ち

第3章 7つの勝利戦略―潜在的収益価値を解放するカギ
 テクノロジー主導
 絶え間ない関係構築
 インテリジェントな資産管理
 包括的なアプローチ
 新たな人材管理の導入
 エコシステムの活用

PART2 賢明なピボット
第4章 賢明なピボット―過去・現在・未来の事業における価値の発見と成長
 アクセンチュアのピボットの開始
 過去の事業・現在の事業・未来の事業
 アクセンチュアのピボットの実行
 未来へのピボット

第5章 過去・現在・未来―成長を再開し、利益を加速させ、規模を拡大して勝利をつかむ
 過去の事業:未来の成長を促すためにイノベーションを行う
 現在の事業:「花形」事業を目指す
 未来の事業:成功するために規模を拡大する
 過去・現在・未来を統合する:ポートフォリオ型のピボット

第6章 イノベーションのピボット―集中・制御・志向
 ヴァルハラへのピボット
 イノベーションのピボット
 「集中」のレバー:イノベーションはどの程度集権化されるべきか?
 「制御」のレバー:イノベーターはどの程度自律性を与えられるべきか?
 「志向」のレバー:イノベーターはどの程度の潜在的収益価値のギャップに狙いを定めるべきか?

第7章 財務のピボット―固定資産・運転資本・人的資本
 財務のピボット
 「固定資産」のレバー:いつインフラは資産から負債に変わるのか?
 「運転資本」のレバー:在庫はどのくらいが適切か?
 「人的資本」のレバー:自社の従業員を評価できているか?

第8章 人材のピボット―リーダーシップ・労働・文化
 奇妙なコンビ
 人材のピボット
 「リーダーショップ」のレバー:オペレーター型から起業家型へ
 「労働」のレバー:人間とマシンの間のバランスを取る
 「文化」のレバー:ひとつの文化と「文化の中の文化」をバランスさせる

結論 自らのブロックを見つけよう
Amazonレビュー
amazon検索