慶応えびふらい~南蛮おたね夢料理(九)~ (光文社文庫)

価格: (税込)
光文社
ページ:232頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で130542位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
佐久間象山が凶刃に斃れて一年。江戸時代最後の年号「慶応」の世を迎えた夢屋では、象山が考案した料理〈象山揚げ〉が評判をよんでいた。横浜から仕入れる堅パンを砕いて衣にした揚げ物だ。おたねと誠之助は、福沢諭吉の助言も受けつつ、南蛮渡来の新しい食材を進んで取り入れてゆく。激動の幕末、料理屋を舞台に、江戸の庶民の姿を温かく描く好評シリーズ第九弾。
Amazonレビュー
amazon検索