婿殿開眼四 いざ出立 (徳間文庫)

エディターレビュー
愛妻に邪悪な影が!
半蔵の剣が閃く!


勘定奉行から密命を受け、
武州へ旅立った笠井半蔵。
甲州街道を荒らし回る悪党どもを
人知れず成敗するための旅である。

道中、甲府方面で暴れていた無頼一味が笹子峠に逃げ込んできたのを知った半蔵はこれを迎え撃つ。
しかし思わぬ反撃を受け窮地に立たされることに。

一方、江戸に残してきた愛妻・佐和にも邪悪な影が忍び寄っていた――!
時代剣戟の好評シリーズ第四弾。
(『算盤侍影御用 婿殿勝負』改題)

<目次>
第一章 半蔵独り旅
第二章 意地焼く愛妻
第三章 嵐の前触れ
第四章 危機迫る夫婦
第五章 九死に一生
第六章 好敵手との一夜
第七章 不器用なれど
第八章 護るが使命
Amazonレビュー
amazon検索