禁裏付雅帳 九 続揺 (徳間文庫)

価格: (税込)
徳間書店
ページ:219頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で72002位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
朝廷対幕府。権力争いに巻き込まれた若き禁裏付の運命は!?大人気シリーズ、待望の第九弾!
禁裏付役屋敷に押し込み捕縛された南條蔵人は、身柄を京都所司代に移された。二条大納言に動揺が走る。彼を裏で操っていたことが露見すると禁裏での立場が危うくなるからだ。家宰に蔵人奪還を命じるが、朝廷の弱みを握りたい老中松平越中守は動きを察知し、対抗策をとる――。朝幕の政争が激化し、きな臭さは増すばかり。そんな中、禁裏付の東城鷹矢は驚きの一手を打った。その真意とは!?
Amazonレビュー
amazon検索