身銭を切れ――「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

翻訳 望月 衛 , 翻訳 千葉 敏生
エディターレビュー
魂を捧げた先にしか、
価値ある「生」はない。


不確実で予測不可能な世界で
私たちがとるべき「生き方」とは――

『まぐれ』『ブラック・スワン』『反脆弱性』の著者にして、
世界最高の「知の巨人」タレブが、
リスクと人生の原理原則を書き尽くす。
Amazonレビュー
amazon検索