セイギとミライ-熱血司法書士の事件簿- 3 (BRIDGE COMICS)

エディターレビュー
ある相続案件が家族の強い絆によって解決した。直後、事務所内で抜き打ちテストが行われ、未来の回答を問題視した葛城は強制的に未来に休暇を取らせる。未来は家族というものを厭い、それが彼の足枷になっていた。
Amazonレビュー
amazon検索