通年採用時代の就活デザイン

エディターレビュー
昨年、経団連がこれまでの就活ルールを廃止した。留学生の採用増や優秀な学生の獲得を確実にするため、通年採用も増えてくるものと思われる。また、無事内定を獲得し、入社した後も、終身雇用も見直しが叫ばれ、日本独特の雇用慣行が変わっていく中で、入社後の働き方も見据えた就職活動が必要と考えられる。

著者は、中国・日本で育ち米国の大学を卒業し、日本で就職しMBA(経営学修士)を取得、現在電通でクリエーティブ・プランナーとして活躍している。その傍ら就活生のOB訪問をしばしば受け、エントリーシートのレビューや進路相談にもしばしば応じている。本書は、そこでの経験を踏まえつつ、著者自身の経験、さらにマーケターとして培ったノウハウもまとめた就活指南である。

著者のキャリアをどのように築いてきたか、さまざまなエピソードから振り返りながら、クリエーティブ・ブリーフや蝶ネクタイ思考などを取り入れたエントリーシートの作成手法は具体的で実践がしやすい。また、最終章は、企業の採用担当者のインタビュー10篇を収録し、客観性を高めている。

就職活動を通して自分らしい働き方を見つける一助となろう。
セレブリティを起用するだけで広告効果が高まるというのは幻想に過ぎない。
緻密なキャスティングからコスト、リスクの検討まで含めた、
“戦略的なセレブリティ・コミュニケーション”の実際をあますところなく伝える。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
Amazonレビュー
amazon検索