戦後思想の到達点 柄谷行人、自身を語る 見田宗介、自身を語る シリーズ・戦後思想のエッセンス

価格: (税込)
NHK出版
Amazon.co.jp 売上ランキング:で15141位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
戦後75年、気鋭の論客が戦後知識人を再評価する新シリーズ創刊!
2人の「知の巨人」は、いかに思考を紡いだのか?
戦後思想を牽引した柄谷と見田。2人の思想のポイントとは何か? 2人は日本人と人類の未来をどう展望しているのか? 巧みなインタビューと解説で、両者の思考の軌跡を浮かび上がらせる。柄谷思想&見田思想のまたとない入門書!

[内容]
I 『世界史の構造』への軌跡、そして「日本論」へ
   ──柄谷行人 × 大澤真幸
 イントロダクション 交換様式論とは何か 大澤真幸 
 1 言葉への独特の感覚
 2 漱石のどこに注目したのか?
 3 「ルネサンス的」文学とは何か?
 4 なぜ「交換」に注目するのか?
 5 世界最先端とのシンクロ
 6 コミュニケーションの非対称モデル
 7 ヒーローはソクラテス
 8 交換様式Dとは何か?
 9 回帰する貴族
 10 「強迫的な力」はどこから来るのか?
 11 単独性と普遍性はどう結びつくのか?
 12 翻訳されることを前提に書く
 13 「日本」はどういう意味を持つのか?
II 近代の矛盾と人間の未来
   ──見田宗介 × 大澤真幸
 イントロダクション 「価値の四象限」と「気流の鳴る音」 大澤真幸
 1 森羅万象の空──戦争体験の最後の世代
 2 社会学というアリーナ──『価値意識の理論』(一九六六年)
 3 〈人生のひしめき〉としての社会──『まなざしの地獄』(一九七三年)
 4 全共闘との論争──真木悠介というペンネーム
 5 マルクスをどうのりこえるか──『現代社会の存立構造』(一九七七年)
 6 〈外部〉への旅──『気流の鳴る音』(一九七七年)
 7 生と死のニヒリズムをどうのりこえるか──『時間の比較社会学』(一九八一年)
 8 りんごの果汁──『宮沢賢治』(一九八四年)
 9 愛とエゴイズムの生命社会学──『自我の起原』(一九九三年)
 10 情報化と消費化の可能性と限界──『現代社会の理論』(一九九六年)
 11 人類史的な転回──『現代社会はどこに向かうか』(二〇一八年)
 12 軸の時代Ⅰの思想/軸の時代Ⅱの思想
 補 「戦後」について。「日本」について
 
終章 交響するD──大澤真幸
 1 交響するD
 2 意味の呪縛
 3 〈他者〉の二重の謎
 4 根をもつことと翼をもつことの一致
Amazonレビュー
amazon検索