痴漢とはなにか: 被害と冤罪をめぐる社会学

エディターレビュー
なぜ日本では「痴漢」という性犯罪が、こんなにも日常化しているのか? そして、「被害」の対で語られるべき「加害」ではなく、なぜ今「冤罪」ばかりが語られるのか? 戦後から現在までの雑誌や新聞記事を分析し、これまで痴漢がどう捉えられ、社会の意識がどう共有されてきたかを読み解いていく、これまでになかった新しいアプローチの書。
この社会は、「痴漢」の問題と今度こそきちんと向き合わなくてはいけない――前提を共有し、解決策を考えていくために必読の一冊!

目次

第1章事件としての痴漢

痴漢事件はどのくらい起こっているのか
痴漢事件はどう捜査されるか
痴漢を取締る条例

第2章痴漢の社会史〜痴漢はどう語られてきたのか

電車内痴漢という被害
1970年代〜悩まされる女性たち
1980年代〜文化と娯楽としての痴漢
1990年代〜痴漢ブームと取締り
2000年以降〜痴漢冤罪問題と依存症

第3章痴漢冤罪と女性専用車両

痴漢冤罪ばかりが語られる理由
女性専用車両をどう考えるか
Amazonレビュー
amazon検索